お知らせ

2016.04.03 (Sun)  17:22

三重大学病院のリボンズハウス

皆さんこんにちは!

先日、三重大学病院のリボンズハウスに行かせていただきました。

リボンズハウス

ri2.jpg

医療ウイッグの説明をさせていただきました。

関係者の皆さまありがとうございました。m(__)m

内容としましては、

美容室だからできることは、?

ということをお話しさせていただきました。

美容室だから

あと、ご病気の際に、ウイッグを使用しなくてはならなくなった場合、

医療用ウイッグを皆さん探されると思います。

大事なのは、長時間の着用で、通気性をよくして

蒸れを抑えたり、重さを感じさせないように軽量にしてあるなど大事です。

値段も高いより安い方が良いのですが。。。

ただ、『医療用かつら』と言われているように、

安い値段だけでは怖い面もあるのを覚えていてほしいです。

おしゃれウイッグを医療用に使っている人もあるようですが、

その、医療用ウイッグとおしゃれウイッグの違いも曖昧です。

おしゃれウイッグは安価ですが、通気性、長時間、自然さは。。。。

毛質や自然さで明らかに着用しているのが分かる商品が多いのも事実です。

はじめてのウイッグ

『はじめてのウイッグ選びは分からないことがいっぱい、、、』

例えば

○人毛製って、、?

○人工毛製って、、?

○お手入れ方法は、、、?

○医療用ウイッグって、、?

○おしゃれウイッグって、、?

○耐久性は、、、?

など疑問があると思います。

特に『医療用ウイッグを選ぶ注意点』は知らないと思います。

まず、医療用ウイッグを着用するときに、一番気になることは

『 自然さ 』です!

どうしてもウイッグを必要になった場合、

明らかにウイッグと分かる商品や、今までと大きくヘアスタイルが違うなど

どうしても気になると思います。

○長時間着けていることを感じさせない、

○蒸れにくいもの、

○重さ、、、。

なども気になるところですが、

一番は、ウイッグをつけていることを知られたくないことではないでしょうか。。。?

今までの自分のヘアスタイルやカラーに一番近い感じに近いウイッグにすることが

最も重要ではないでしょうか、、、。

その再現性を一番できるのは美容室だと思っています。

重さや通気性、価格や簡単さ、手入れの仕方など

すべてを含めて考えたらよいと思います。(^^)

 髪の毛の素材

先ほどの医療用ウイッグを選ぶ注意点に戻りますが、

○着用したときに納得できるまで何回も切り直ししてくれるところですか。。?

○髪の毛の素材は自然ですか。。?

○長時間でも着用は大丈夫なものですか、、?

○購入できる価格ですか、、?

○自分が好むヘアースタイル、カラーができるところか。。。

そういうところを基準にされると良いと思います。

 自分が好むヘア

あと、髪質ですが、

人毛と人工毛があります。

最近は間をとってMix毛が増えてきました。

簡単に説明しますと、

人毛は、当たり前ですが自然に見えます。

高価なものから安価なものまであります。

ピンキリです。あまり安いものは、髪質が良くないです。。

洗うと、くせがすごく出たり。パサつきがでて広がりやすかったりします。

パーマや、カラーができます。

ドライヤーやコテ、アイロンができます。

ただし、やりすぎると劣化の原因になります。

人工毛などのファイバーはとても安価です。

ただ、光ったり、テカったりするものが多いですが。。。

最近はよくできた人工毛のウイッグも出てきていますが、

通気性が悪かったり、重かったりします。 。。。など

いろいろお話を聞いていただきました!(^^)

三重大学病院の外観

4月25日 月曜日にリボンズハウスに

11時~お話しさせていただくことになりましたので、

皆さんよかったらお越しくださいね!

リボンズハウスにて9

詳しくは➡三重大学病院リボンズハウス

 

 

 

 

 

フリーダイヤル
0120-26-1591